ルイヴィトン正規品モノグラムショルダー
null
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON アマゾンバッグ M45236
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON アマゾンバッグ M45236 
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON ヴィトン デカナイル バッグ 付け根しっかり M45244 [中古]
__null00
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON ヴィトン デカナイル バッグ 付け根しっかり M45244 [中古] 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON アマゾン バッグ M45236
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON アマゾン バッグ M45236 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノミニフランソワーズショルダーバッグ M92208
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノミニフランソワーズショルダーバッグ M92208 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON ソミュール バッグ M42256
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON ソミュール バッグ M42256 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON ナイル バッグ M45244
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON ナイル バッグ M45244 
null そのとき、寝室のほうから|蜂《はち》|蜜《みつ》に砂糖をブチこんだような甘ったるい京子の声が、小泉に呼びかけるのが聞こえた。 「何だ!」 「|淋《さび》しかったのよ。誓うわ。京子はパパだけの女。誰とも浮気なんかしなかったわ」 「…………」 「土曜の晩、いくら待ってても、パパは京子のところに寄ってくれなかったわ。淋しかった。タクシーを呼んで夜の街に出てみたの。ますます切ない気持ちになるだけだった。そうなると、思いきり孤独にひたりたくなってそのままタクシーを|伊《い》|豆《ず》に飛ばせたの」 「…………」 「箱根は霧がフロント・グラスに凍りついたわ。朝方、下田に着いて一休みして、今日は|石《い》|廊《ろう》|崎《ざき》から蛇石峠を越えて、西海岸に出てから戻ってきたの。いつかパパと一緒に来たことがあったっけなと想い出すと、涙がこぼれてきて仕方なかった……」  京子の声は夢見るようだ。朝倉は、それを盗み聞きしながら舌を|捲《ま》いていた。 「本当か?」  小泉の声は|呻《うめ》くようであった。 「いいわ、信用しないのね。パパには女心が分からないのね。パパがそんな人だとは知らなかった——」  京子の声が沈み、 「出て行くわ。手切れ金なんて、|嫌《いや》らしいことは、口が裂けても言わないから安心してちょうだい。長いあいだお世話さまでした。でも、こうなるのも運命だったのね。嫌らしい疑いをかけられたまま出て行くなんて|口《く》|惜《や》しいけど、パパの心が冷えきってるのでは仕方ないわね。パパのようなロマンス・グレーの大金持ちなら、きっと京子なんか足許にも寄れない美人が押しかけるわね。またいつかパパにお会い出来たとしても、そのときは二人は他人なのね」 「おい、待ってくれ。何を言いだすんだ。悪かった。許してくれ。私には、君が必要なんだ。頼む、出て行くなんて言って|嚇《おど》さないでくれ」  |狼《ろう》|狽《ばい》した小泉の声は、ほとんど泣き声に近かった。 「本当なのよ。パパこそ、土曜の晩はどうして約束を破ったの?」 「社長と内密な話があったんだ。頼む、別れないでくれ。君に去られたら、私はどうなる? 君のためなら、会社も家庭も、何もかも放ったらかしても後悔しないと思っている、この私は……」  小泉の声は|喘《あえ》いだ。