ルイヴィトン タイガ 財布格安2013,louis vuittonエピジッピーウォレット 買ってルイヴィトン タイガ 財布の最高のウェブサイトを推薦|ルイヴィトン タイガ 財布メーカー_網 magyaragora.org


2015-01-24 12:55    ルイヴィトン タイガ 財布
「こんな所にいらしたのね」  花井先生が、そっと耕作にささやいた。耕作は不器用にうなずいた。 「探したのよ。来ていらっしゃらないのかと思って、帰るところだったの」  花井先生はそう言い、節子を少し前に押しやるようにした。耕作は少し体をそらした。節子の息づかいが、耕作の耳たぶにかかった。あたたかい、やさしい息吹だった。  耕作と節子の間は、紙一枚入るか入らぬかの隙間しかなかった。耕作は息をとめた。息をすると、自分の体が節子にふれるような気がした。耕作はマントを体にまきつけるようにし、視線を弁士のほうに向けたが、全神経は節子の息づかいに注がれていた。  大きな拍手が起きた。はっと我に返ると、最後の弁士の話が終わったところだった。耕作はがっかりした。もっと長く演説がつづけばよいと思った。最初に出て来た司会者が、再びひょこひょこと壇上の片隅に姿を現した。そして壇上の弁士をはじめ世話役たちに深々と一礼し、次に会衆に向かって頭を下げた。壇上には深城の姿もあった。 「以上をもちまして、諸先生がたの高《こう》邁《まい》なるご高説は終わりましたが、ご質問やご意見がございますれば、ご遠慮なくご開陳のほど、おねがいいたしまする」  司会者の言葉が終わるや否や、 「おう」  と、声を上げた男がいた。二重廻しを着たオールバックの男である。男は立ち上がると、実に流《りゆう》暢《ちよう》に弁士たちの話に同意した。そして、自分も愛村の精神をもって、より一層の協力をしたいと述べ、ゆっくりと腰をおろした。いかにもさくらのような印象があった。同じような意見を、三、四人の男が次々に立って述べた。  耕作は帰ろうと思ったが、傍らに節子が立っているので、帰るのが惜しい気がした。節子の手に触れたいような思いに、耕作は耐えていた。二人の間にある僅かな隙は、依然としてそのままだった。花井先生はその二人をちらちらと見ながら話を聞いている。節子はうつむいたままだ。耕作は思わず大きく吐息を洩らした。と、耕作のマントの中の腕が、節子の腕にふれた。びくりとして耕作は、更に壁に身をすり寄せた。 「ほかにございませぬか」  司会者の声がした。その時、節子の手が明らかに耕作の背にふれた。耕作は体に電流が走ったかのような感じがした。耕作は再び深い吐息をついた。甘い陶酔感があった。 「では、ご意見もござりませぬようでありまするから……」  司会者が言った時、前方にぬっと立ち上がった作業衣の男がいた。 「どうぞ」  司会者はにこやかに促した。が、男はじっと突っ立ったまま、何も言わない。 「どうぞ」