オンラインlouis vuittonルイヴィトンm93522モノグラムヴェルニアマラントジッピーウォレット長財布専門はどうですか,ルイヴィトン LOUIS VUITTON ベルト ヴィトン LV メンズ サンチュール・エリプス 30MM ダミエ・グラフィット,louis vuittonルイヴィトンm93522モノグラムヴェルニアマラントジッピーウォレット長財布適する何年齢_モールlouis vuittonルイヴィトンm93522モノグラムヴェルニアマラントジッピーウォレット長財布 magyaragora.org


2015-01-24 13:01    louis vuittonルイヴィトンm93522モノグラムヴェルニアマラントジッピーウォレット長財布
 小屋の入り口では、今日も水車が陰気《いんき》に回転している。陽気に回るなら水力発電になりそうなものだが、怠惰《たいだ》に甘んじている現状では目の保養にしかなり得ない。  横開きの扉《とびら》を滑《すべ》り悪く開ける。今日は有線放送もなく、静穏《せいおん》に包まれている室内。 「ごっめんください」  滑舌《かつぜつ》を心がけて挨拶《あいさつ》した。意味など毛頭ない。  先日とは異なり塞《ふさ》がれていた障子《しょうじ》が血管の浮き出たごつい指に開かれ、奥から怪訝《けげん》そうな態度と表情の老人が姿を見せる、 「またお前か……今度は何しに来た」  貴方《あなた》の奥様に会いに来ました。次回は真顔でそう宣言してやろうと悪戯心《いたずらごころ》が湧《わ》くぐらい歓迎《かんげい》されていない。一応、僕の祖父でもあるんだけど、血縁《けつえん》はないしな。 「妹と水入らずな時間を過ごす傍《かたわ》ら、貴方に話を聞きに来ました」 「話? 話せることも話す気も、なんもないぞ」  突《つ》っ慳貪《けんどん》な老人の拒絶《きょぜつ》。性格が照れ屋でなかったとしたら、真面目《まじめ》に嫌《いや》がられているとみた。 「そもそも、お前があん子に会いに来るってのが理解できん。今更《いまさら》何なんだ? もうほっといてくれんか」  そう詰《なじ》られても、こっちとしてはそこまで否定される事情が理解できない。  僕だって生存と所在さえ知っていれば、もっと早く会いに……来たかな。いや、相手に招集をかけられない限りは訪ねなかっただろう。僕にそんな、兄妹《きょうだい》を重視するような大層な人間性が残っているとは思えない。 「今日、貴方から話を聞かせて頂ければ二度とここを訪ねませんよ」  断言した。何処《どこ》にも嘘《うそ》はない。用事もないのに、妹やこの老人と会う気など全くない。  それが双方《そうほう》にとって一番、都合の良い選択《せんたく》だろうから。 「何の話をそんなに聞きたいんだ?」  老人が好条件に釣《つ》られ、会話だけは成立させる。